(1)退職金請求事件

 

この事件は、退職金支払を求めて訴えた事件です。

 

会社に入社当時は主力取引銀行の貸し渋りを受け、

会社資金繰に苦渋を幾度も味わって来たいきさつが

ありました。

 

会社は過小資本のため資金需要を銀行融資に頼る他

なく、職務上苦労を重ねた経緯から会社の利益は極

力内部留保を厚くすることに努めて参りました。

 

結果、会社資金繰りは漸く安定するように成り、取

引金融先にも信用され得る状況になってきた頃です。

 

会社の社長は私的な支出を会社に紛らわせ、人事は

仕事よりも社長の好き嫌いを優先し、特定のコミュ

ニティー出身者を重用する傾向が見受けられました。

 

社長とは反りが合わず抵抗勢力と見なされたのか、

社長任期満了に併せ強引にも社長退任の道ずれ退職

へと引き込まれ追い込まれてしまったのです。

 

社長は次期社長予定(実弟)と示し合せ、親会社社長

(実兄)への内通社員を抱込み、ざん言を密告させた

ことで、親会社社長との長年培われた信頼関係が損

なわれたことから退職への引き金になりました。

 

日曜日に社長に呼び出され、社長と他取締役1名と

合わせて3名分の退職金の支給計算を指示されて、

退職前に各人への退職金支払いを済ませました。

 

然し、この支払いが陰謀であったことには退職準備

に忙殺されていた最中に思いが至りませんでした。

 

本来会社役員(代表取締役・取締役・監査役)の退

職金は株主総会の決議事項なのです。

 

退職後、社長から3名分の退職金支払は違法で訴え

られると連絡があり、退職金の返却を求めてきたこ

とから背任罪へと嵌められたことに気づきました。

 

会社継続発展に必要な資金調達に長年携わり、取

引金融先にも信用を得られていた社員に対する、

会社への悪しき風評を防ぐためか・会社正当化の

為か、信義にもとる恥をも知らぬ仕打ちです。

 

終戦直後の混乱期に或るコミュニティの一部無法者

らによる不埒な行状を連想させる程激しく憤るも、

退職金は不本意ながら返還せざるを得ませんでした。

 

以降会社からは退職金の支払はありませんでした。

スポンサーリンク


会社に対し退職金の支払を促すよう、労働基準監督

署へ訴えましたところ、この会社は退職者との間で

過去に何度も問題を起こしてきた経緯があることを

知らされました。

 

労働基準監督署は会社への調査を始めましたが、会

社からは強弁する様子が漏れ伝えられてきました。

 

退職前から委任していた会社の顧問弁護士に、退職

金の請求を相談したところ他の弁護士を紹介され、

を訪ねたところ、この弁護士に頼ることは会社側に

屈服することへの懸念が脳裏をかすめました。

 

そんな折にある人から連絡があり、面会し相談した

ところ新たに弁護士を紹介されました。

紹介された新たな弁護士を代理人に立て、東京簡易

裁判所へ退職金請求事件を訴えました。

 

調停前に被告側の求めに応じ、原告と原告代理人弁

護士並びに被告代理人(親会社社員)と被告代理人弁

護士(親会社顧問弁護士)との4者会談を行いました。

 

目的は被告代理人弁護士からの訴えの取下げを暗に

迫る探り入れでした。

 

その後、ある人の執り成しで会社から請求額通りに

退職金の支払が行われたことで、調停開始前に東京

簡易裁判所に訴えの取下げ書を提出いたしました。

 

紹介された弁護士には報酬基準に従い前渡着手金5

0万円の他に退職金額の5%相当額を支払ました。

 

関わった弁護士からは弁護を受けませんでした。

労働基準監督署には結果報告をいたしました。

 

スポンサーリンク