(8)境界確定請求事件Ⅱ

 

この事件は、現住居の土地建物が競売入札にて落札

した物件で、土地の境界が未確定であることは物件

明細書にも明記されておりました。

 

転居前の建物リホーム中に南側隣接地主から土地の

境界線を指し示されたことで、境界紛争解決センタ

ーに諮る提案をしたところ南側隣接地主は費用分担

を拒否したことから、そのままに終わった経緯があ

りました。

 

それから6年後の頃、自転車で外出中の路上で建設

作業員風の中高年男が乗った自転車に追突された上

言掛りをつけられ、執拗に身分を問い質され、ヤク

ザで無いことを確認されてから去って行きました。

仕掛けられたなと直感しました。

 

それから1週間程経って、南側隣接地主の妻と娘か

ら2階どうしのガラス窓を棒で叩かれ、魚を焼く調

理排気が臭いと近隣にひびく怒号の抗議に、先日の

言掛りの際にやり取りした情報が含まれていたこと

から、やはり語るに落ちたなと確証しました。

 

それから数日後、南側隣接地主から台所レンジフー

ドに煙突を取り付けさせるよう要求され、所有建物

に他人の造作物を取り付ければ以降造作物の所有者

の同意を得ずに所有建物の建替え・改築・修繕が出

来なくなることから、即要求を拒絶しました。

 

その上で、南側隣家の軒・庇に越境の疑いがあるも

のの土地の境界が未確定であることから、この際土

地の境界を確定させる裁判に踏み切ることを南側隣

接地主に通告しました。

 

平成21年12月22日に東京地方裁判所民事37

部に境界確定請求事件を、北側隣接地主を被告乙

南側隣接地主を被告丙、として訴えました。

 

請求の趣旨は次の通りです。

①境界の確定。

②被告らの建物・構築物・設備等が境界を越境する

 部分の収去土地明渡し。

③訴訟費用は被告らの負担とする。

 

これに対して北側隣接地主被告乙からの回答書には

競売落札物件の前所有権者の破産管財人弁護士と北

側隣接地主との間で平成13年12月10日に境界

確認書を取り交し済であるとの回答がありました。

 

従って、北側隣接地主被告乙に対しては、訴えの取

下書を提出いたしました。

 

競売落札物件の破産管財人弁護士に対しては、境界

確認書の引き渡しを求めたところ、すでに廃棄処分

済との回答に、権利書を構成する境界画定書類を独

断で廃棄したことに驚愕と憤りを覚えました。

 

北側隣接地主からの好意で境界確認書の写しを頂き

ました。

 

訴訟提起してから被告丙の家族からはレンジフード

排気への怒号での罵倒抗議・深夜早朝に洗濯機騒音

等の嫌がらせが増し、見ず知らずの電話番号から訴

状に記載の自宅電話番号宛に無言・不快電子雑音電

話が激しく掛かり始めました。

 

見ず知らずの電話番号から時間を問わぬ連日昼夜に

わたる無言・不快電子雑音電話は、さながら戦後混

乱期のあるコミュニティの1部無法者らの不埒な行

為を連想させる程に許し難いものです。

 

加えて原告住居玄関先へ相手不詳のタバコの吸い殻

やゴミの投げ捨て、器物損傷が頻発し始めました。

 

被告丙の息子は原告に向かって「裁判なんて–」と

吐き捨て、暗に裁判を意に介さぬ素振りで無視し得

る影の力があるかの様な口振りをした。

 

特に被告丙の妻・娘・息子らに屋外へ呼び出され取

り囲まれて、「ここの所で訴えてやるからな、覚悟

ておけよ。」と北側隣接地境を指差し口々に繰り返

し罵倒してきた。

 

原告が「何を言ってるのか。」と聞き返しても被告

丙の息子は「裁判をやっていて分からないのか。」

と繰り返すばかりで、誰からか教唆を受けて決して

口には出さず暗に訴えの取下げを迫る巧妙な脅迫と

と思われたことから警察官の来援を求めたこと。

 

原告敷地エアコン除湿排水場所に、被告丙の息子が

原告の目を隠れ穴を掘り水溜まりを生じさせ、後日

被告丙の妻・娘が水滴音がうるさい建物コンクリー

ト土台が腐ると激しく執拗に怒号で罵倒抗議され、

エアコン排水菅の移設を暗に強要して来たこと。

 

被告丙への提訴以降、被告丙宅にひんぱんに出入り

し始めた中高年男がこの抗議に参加して来たことか

ら、被告丙の裏で糸を引く組織の存在があるのでは

と懸念を抱き、辟易したあげく不本意なエアコン排

水菅移設工事をさせられた事は特筆ものです。

スポンサーリンク


被告丙代理人弁護士は裁判前に原告宅を挨拶と称し

訪れ精神的威圧を与え、加えて原告建物の前所有者

宅を訪れ被告丙代理人と明かさず原告代理人と誤認

させた上で情報収集を行っておりました。

 

加えて、被告丙提出証拠の中の土地所在図・地籍測

量図はメートル法表記であるべきものが、1部尺貫

法数値を書き加えた変造図面でした。

 

平成22年2月2日から平成23年10月27日に

至る15回に及ぶ裁判において、内12回は会議室

での裁判官が原告・被告を別々に聴取する合議方式

でした。

 

現地にて裁判官立会のもと、土地家屋調査士による

鑑定が行われました。

 

裁判は準備書面と証拠類の確認が主で、1回30分

程度で閉廷しました。

 

結審に際し裁判長から原告提出証拠の質量に謝意が

表されました。

 

判決は次の通りでした。

①鑑定書の境界線で確定する。

②被告丙建物の軒・庇の越境部分を収去土地明け渡

 せ。

③被告丙コンクリートたたきの越境部分を収去土地

 明け渡せ。

④被告丙給湯器の越境部分を収去土地明け渡せ。

⑤訴訟費用は被告丙の負担とする

 

訴訟費用は、訴え提起手数料、訴状・準備書面・証

拠写し作成提出費用、官公庁書類交付手数料・郵便

送達費用、出頭旅費・日当、鑑定料等です。

 

訴訟費用確定額処分の申立は、別案件ですので別途

記述いたします。

 

裁判を通じて気づいたことは、弁護士でも各界の専

門分野の実務家には及ばないこともあることが分か

りました。

 

スポンサーリンク